労山福岡

記事一覧(22)

雪崩事故を防ぐための机上学習会のご案内

ウィンタースポーツにおける最大のリスクは雪崩です。雪山での遊びを安全に楽しむためには、雪崩に関心を持ち、そのメカニズムを学んで実際の行動に生かすことが重要です。この講習会は、科学的な雪崩のメカニズムの解説や雪山での実技を基に、雪崩の知識と適切な行動力を身につけ、雪崩事故の防止に寄与することを目的としています。雪山登山者のみならず、スノーボード、スノーハイクなどで雪山に入ってる、あるいは入りたいという方々の参加も歓迎します。 開 催 要 綱1.日 時  2018年12月16(日) 9時30分~16時30分2.場 所  福岡県NPO・ボランティアセンター会議室(TEL 092-631-4411)       福岡市博多区吉塚本町13番50号 福岡県吉塚合同庁舎 5F3.参加費  労山会員500円、労山会員外1500円 テキスト代(改訂版使用)1500円4.募集人員  40名(労山会員や一般者の人も可)5.内 容 ①積雪の分類と変態・弱層の種類と形成・雪庇の種類と形成      ②弱層テスト・ルート判断・雪崩判断      ③雪崩ビーコン操作法・プローブ捜索法      ④初動捜索法(コンパニオンレスキュー)      ⑤その他(質疑応答など)6.講 師 後藤 兼一氏(全国雪崩講習会講師)7.申込み先 福岡県勤労者山岳連盟あてのFAX又はメール         FAX:092-409-2812        MAIL:fwaf000@gmail.com8.募集締切  2018年12月1日(土)主 催:日本勤労者山岳連盟九州地区協議会事務局:福岡県勤労者山岳連盟実技講習会の参加を条件としません(机上学習会のみの参加者も可)。 なお、実技講習会の日程は2019年2月2~3日 「休暇村奥大山」にて開催予定。   ※実技講習会への参加を希望される方は今回の机上学習会へ必ず参加して下さい。

登山ビギナー講座 テント泊講座のお知らせ

 今年の夏山山行は、どうだったでしょうか? 夏の蒸し暑さが去り、これから自然に親しむ良いシーズンとなります。ハイキングを始めてる人、経験はあるが技術や知識を正しく学びたいと考えている方には最適の講座です。「小屋泊りは経験あるけど」「日帰り山行だけです」「テントやツエルトで、泊まるは・・」こんな方は、一度、講座に参加して、新たな泊り(テント)を見つけてみませんか!また、山の自然を守りいたわる清掃ハイクとコンパスの復習もします。講座7 小屋泊まりから、テント泊まりにチャレンジしよう◇日時 2018年10月21日(日) 9時30分 福岡市油山市民の森管理棟前集合 9時半~12時 山の清掃と地図とコンパスの使い方(復習)フィールドワーク 13時~15時 テント・ツエルトの張り方、使い方の実技講座(キャンプ場かアスレック場)◇対象者 1日6時間程度を無理なく歩ける登山愛好者   ◇定員  15名程 ◇受講料 一般 1000円 労山会員 500円     ◇申込み・お問い合わせ   労山福岡連盟・組織委員会ハイキング講座係福岡市博多区博多駅東2-8-22 第一よしみビル 705号 電話092-409-2810 FAX092-409-2812jwaf_fukuoka@wave.plala.or.jp 所定の受講申込書に必要事項を記入し、FAXかメールでお申込み下さい。 お問い合わせは、担当者 大塚 携帯090-1515-4881までご連絡下さい。◇準備する物 ハイキングの服装・装備、飲み物、昼食、筆記用具、コンパス、着替え(必要な人)     ※清掃用具(火ばさみ・軍手等)、テントやツエルトを持っている人は持参して下さい。※締切り日 講座の3日前まで 尚、定員になり締切りいたします。 ◇主催 福岡県勤労者山岳連盟  

登山ビギナー講座 体力年齢測定会

☆自分の体力を知って、冬山にチャレンジだ~!冬山に行きたい。でも、体力が? 3000M級の山に必要な体力って、どのくらい?自分の体力は、何歳になるの? と思っている方は、参加してみましょう。九州の尾根(祖母・傾・大崩)や日本アルプスの縦走ができるように、体力年齢測定会で自分の体力を知って安全に登山ができるようになろう。講座5 体力年齢測定会(自分の体力年齢を知ろう)「豪雨の影響で延期実施」2018年11月10日(土) 9時集合・受付  開始9時半~13時 予定  ◇会場 九州大学 伊都キャンパス 体育館 ◇内容 最大酸素摂取量、脚筋力、全身反応時間、長座体前屈、上体おこし、閉眼片足立ち、握力、ストレス及び生きがい度検査など◇対象者 1日6時間を無理なく歩ける登山愛好者◇定員  30名程  ◇受講料  一般 1000円 労山会員 500円(テキスト・資料代等含む)◇準備  運動の出来る服装 上履きの運動靴 タオル 飲み物 筆記用具など◇申込み方法  福岡県勤労者山岳連盟 組織委員会・ハイキング講座係福岡市博多区博多駅東2-8-22 第一よしみビル 705号 電話092-409-2810  FAX092-409-2812PCメール jwaf_fukuoka@wave.plala.or.jp 所定の受講申込書に必要事項を記入し、FAXかメールでお申込み下さい。 ◇お問い合わせ 担当者 大塚 携帯090-1515-4881  メール bccefo2k113@gmail.com 締切り日  講座の2日前まで   ※定員になり締切りいたします。 ◇主催 福岡県勤労者山岳連盟         

Eペース登山 延期開催のお知らせ

今年の夏山山行は、どうだったでしょうか? 「こんなに疲れると思わなかった」「思った以上にコースが長かった」「傾斜がきつくなると息が上がって足が上がらない」「他のメンバーと歩くペースが違って疲れた」・・・等々こんな方は、一度、自分のペースを知るEペース登山(運動能力測定山行)に参加して、自分に合った歩き方を見つけてみませんか!講座6 Eペース登山(運動能力測定山行)「豪雨の影響で延期実施」2018年10月28日(日) 8時集合・受付  太宰府市・かまど神社駐車場8時~9時半 斎館にて登山前検査(尿・血圧・体重・敏捷性・筋脚力・握力・閉眼片足立ちなど)9時半~15時 かまど神社より宝満山または三郡山往復中に心拍数などの記録を取る15時~16時半 登山後検査(登山前検査と同様)登山後検査終了した者より解散となる◇対象者 1日6時間程度を無理なく歩ける登山愛好者◇定員  30名程  ◇受講料 一般 1000円  労山会員 500円 資料代・傷害保険料含む(交通費・実技費用は実費)◇申込み方法  福岡県勤労者山岳連盟 組織委員会・ハイキング講座係福岡市博多区博多駅東2-8-22 第一よしみビル 705号 電話092-409-2810  FAX092-409-2812PCメール jwaf_fukuoka@wave.plala.or.jp 所定の受講申込書に必要事項を記入し、FAXかメールでお申込み下さい。 ◇お問い合わせ 担当者 有松 携帯070-4480-9029  大塚 携帯090-1515-4881  メール bccefo2k113@gmail.com 締切り日  講座の5日前まで   ※定員になり締切りいたします。 ◇主催 福岡県勤労者山岳連盟         ※当日の荒天(大雨や台風等)が予報される時は、中止または延期する場合があります。

「ナイロンザイル事件」資料展示記念懇談会&懇親会

この度、「山の図書館」では、ナイロンザイル事件資料の常設展示を開催することといたしました。わが国での山岳事故を考えるときに、最も重要な出来事として社会的に注目されている活動で、山岳事故防止活動の原点といわれます。1955(昭和30)年に発生した「ナイロンザイル切断事故」を端緒として、同事件の解決の中心的な役割を担った石岡繁雄と岩稜会は、その後の社会、登山に大きな教訓とともに貴重な記録を残しました。この展示にあたり、多大なご協力を戴いた「石岡繁雄の志を伝える会」の皆さまをお迎えして、懇談会&懇親会を開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・◆日時 9月9日(日) ◆会場 「山の図書館」& 内山公民館13時~14時 「山の図書館」で展示 閲覧14時30分~ 内山公民館にて ※徒歩2分・「氷壁を超えた男 ナイロンザイル事件・その後秘話」紹介ビデオ(尾登憲治製作)鑑賞15時~ ・九州での展示について・ナイロンザイル事件と私・「石岡繁雄の志を伝える会」について・「『氷壁』を越えて」展について・「山の図書館」とナイロンザイル事件◆参加費 500円どなたも参加できます。会場の都合上、事前にご連絡ください (下記あて)・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・◆懇親会 ※終了後、懇親会を開催します。(別会場) 会費:3000円事前に下記宛に参加のお申込みください。主催:九州登山情報センター“山の図書館”連絡先:九州登山情報センター“山の図書館”所在地: 太宰府市内山708tel&fax 092-928-2729E-mail:yamano_tosyokan@yahoo.co.jp休館日 水、木曜 開館時間 11時~16時

冬山の装備・生活・技術etc 室内講習会の案内

登山学校では下記の内容で室内講習会を行います。登山学校の受講生以外でも無料で受講できます。これから冬山を目指したい方、各会で冬山のリーダーとなる方にとってとてもためになること盛りだくさんです。ぜひご参加ください。日時:2018年8月26日 午前9時~午後4時場所:筑紫野生涯学習センター内容:【 地図アプリ(YAMAPなど)の使い方】【 アバランチビーコンの使い方】 1 ビーコンの役目 2 HITOCOCOとの違い 3 機種紹介 4 性能の違い(アンテナ数など) 5 センドモードとサーチモード 6 出発前のセッティング 7 探し方 8 クロス法 9 プローブ 【冬用テントの設営】 1 冬用テントの特性 2 冬テンのオプション 3 張り縄の加工 4 竹ペグの作り方 5 竹ペグと張り縄の連結 6 テントの設営 7 テントの撤収 8 テントのザックへの収納 9 テント場の立地 10 テントの向き 【テント内での生活】 1 雪の落とし方 2 テントへの入り方 3 テントマットの敷き方 4 テント内の雪の排雪 5 テント内でのメンバー配置 6 テント内での装備整理 7 濡れものの考え方 8 靴の整理 9 ザックの整理 10 小物の整理 11 ヘッドランプと時計 12 水の作り方 13 食事の仕方 14 朝起きてすること 15 パッキング 【雪洞の構築】 1 雪洞の利点と欠点 2 非常時のシェルター 3 雪洞構築にかかる時間 4 役割分担 5 濡れ対策 6 装備 7 スノーマウントの構築 【雪崩のメカニズムと対策】 1 雪崩の種類と予知 2 弱層テストの意味 3 雪崩の起きやすい地形 4 雪崩の起きやすい時間 5 雪崩が起きる条件がありながらも行動せざるを得ないとき 【アバランチフォーメーション】 1 任務分担 2 ビーコンの配置 3 バックパックの背負い方 【 無線機の使用法】 1 無線機と免許 2 発信の仕方 3 周波数の合わせ方 4 携行の仕方 【焚火のおこしかたと後始末】 1 焚火の考え方と自然破壊 2 焚火の場所 3 石囲いの作り方 4 薪の選び方と作り方 5 着火前のセッティング 6 鍋掛の作り方 7 飯盒飯の作り方とジップロックの活用 8 焚火の始末 【ブルーシートの活用】 1 大きさと厚さ 2 タープのメリット 3 タープの張り方 4 煙の流れと焚火後の再セッティング 5 テントとしての活用  6 畳み方 *昼食は持参ください。