「ナイロンザイル事件」資料展示記念懇談会&懇親会

この度、「山の図書館」では、ナイロンザイル事件資料の常設展示を開催することといたしました。わが国での山岳事故を考えるときに、最も重要な出来事として社会的に注目されている活動で、山岳事故防止活動の原点といわれます。

1955(昭和30)年に発生した「ナイロンザイル切断事故」を端緒として、同事件の解決の中心的な役割を担った石岡繁雄と岩稜会は、その後の社会、登山に大きな教訓とともに貴重な記録を残しました。

この展示にあたり、多大なご協力を戴いた「石岡繁雄の志を伝える会」の皆さまをお迎えして、懇談会&懇親会を開催いたします。

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・

◆日時 9月9日(日) ◆会場 「山の図書館」& 内山公民館

13時~14時 「山の図書館」で展示 閲覧

14時30分~ 内山公民館にて ※徒歩2分

・「氷壁を超えた男 ナイロンザイル事件・その後秘話」

紹介ビデオ(尾登憲治製作)鑑賞

15時~ ・九州での展示について

・ナイロンザイル事件と私

・「石岡繁雄の志を伝える会」について

・「『氷壁』を越えて」展について

・「山の図書館」とナイロンザイル事件

◆参加費 500円

どなたも参加できます。会場の都合上、

事前にご連絡ください (下記あて)

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

◆懇親会 ※終了後、懇親会を開催します。

(別会場) 会費:3000円

事前に下記宛に参加のお申込みください。

主催:九州登山情報センター“山の図書館”

連絡先:九州登山情報センター“山の図書館”

所在地: 太宰府市内山708

tel&fax 092-928-2729

E-mail:yamano_tosyokan@yahoo.co.jp

休館日 水、木曜 開館時間 11時~16時

福岡県勤労者山岳連盟

福岡県勤労者山岳連盟は1960年に結成された「日本勤労者山岳連盟」(通称、労山)の福岡県連盟として1966年に5団体、196人の会員で結成されました。 (現在は2018年4月時点で、32団体、約1000名の会員)

0コメント

  • 1000 / 1000